冷え型の生理痛



生理のお悩み解決ガイド~初潮から生理痛の悩みまで完全サポート!



生理のお悩み解決ガイド » 冷え型の生理痛【身体を冷やしすぎ】

手足が冷えている、経血の色が濃い、筋肉量が少ない人は冷え型の生理痛の可能性あり。

冷えは生理痛を悪化させる原因になることに対して解説

生理痛の根本的な原因であるプロスタグランジンというホルモン様物質です。 プロスタグランディンが全身の血管を収縮させて子宮を収縮させて生理を起こします。

しかし、身体が冷えて血行が悪くなっていると酸素と栄養素不足で子宮の機能が低下してしまっているので 経血をスムーズに体外に排出できなくなります。

すると体のほうはより子宮を収縮させて経血を排出させようとするのでプロスタグランジンの分泌量が多くなります。 このプロスタグランジンの分泌量が増えれば増えるほど生理痛はひどくなってしまうんですね。

プロスタグランジンの分泌量が増やしてしまう原因には血行不良があり、血行不良を引き起こすのが「冷え」です。 だから冷えのある人は生理痛がひどくなるし、健康な人でも夏より冬のほうが生理痛が重く感じてしまうわけです。

要チェック 冷たい飲み物をよく飲む
要チェック お風呂に入らずもっぱらシャワーで済ませることが多い
要チェック 手足がいつも冷たい
要チェック 経血の色が濃い

という人は要注意ですね。身体が冷えてしまいます。

薄着のファッションや運動不足による筋力低下なども冷えを引き起こす原因になるのでそのあたりの改善も必要になります。 とにかく女性は身体を冷やしてはいけないし体を温めることを日頃から徹底しないといけません。

冷えによる生理痛を緩和させる方法や便利グッズ

冷え型の生理痛の人はとにかくまず下腹部を温めましょう。温熱シートやカイロなどを使えば簡単にできます。 おへそから下の部分には自律神経や太い血管が通っていてここを温めると全身も暖まります。

お腹周りを前から後ろから温めることで骨盤内の血行をよくすることができるのでたったこれだけでも生理痛には効果的があります。

35歳を過ぎてからはさらに血行が悪くなるのでお腹は当然として足もしっかり温める必要があります。 足首が冷えないように厚い靴下やレッグウォーマーを履いたりして対処しましょう。

身体の内側から体を温めるには「生姜」がおすすめで紅茶に生姜を入れたジンジャーティーや、生姜と蜂蜜、柑橘類を混ぜて お湯で割った「はちみつ柑橘」も温まります。

ただ気をつけたいのは生姜ならなんでもいいのではなく乾燥させた生姜じゃないとダメだということです。 それ以外の生姜は身体を温めるどころかむしろ冷やしてしまうということが「ためしてガッテン」でやってましたよね。

ここは乾燥生姜以外は身体を温めるどころかむしろ冷やすということは覚えておきましょう。

それから生理不順になる人が多い理由でも解説していますがスクワットを中心とした筋トレと 腹式呼吸というのが骨盤内の血行をよくしたり、足先の毛細血管を鍛えられるということで冷えには有効です。

運動不足の女性は本当に多いと思います。ふくらはぎが弱ると全身の血行が悪くなのでとにかくスクワットで太ももとふくらはぎを 鍛えるようにしてください。

足が太くなると気にする人がいるんですが、もうすでに太いですから(笑)というのは冗談で男性ホルモンの少ない女性は相当な量の 筋トレをしないとムキムキにはなりません。むしろふくらはぎや太ももが引き締まって美脚になるケースのほうが圧倒的に多いです。

冷えたらスクワットという習慣をとりあえず3週間でもいいので続けてみてください。足湯も靴下もいらなくなるぐらい足先から ポカポカしてきますから。