子宮と卵巣のSOSかも!?



生理のお悩み解決ガイド~初潮から生理痛の悩みまで完全サポート!



生理のお悩み解決ガイド » 子宮と卵巣のSOSかも!?

Q.あまりにも生理痛がひどい場合は婦人科に行ったほうがいいですか?出血量やおりものの量も明らかにおかしい気がするんですが....

『痛み』がひどい場合は子宮内膜症の可能性あり!

生理痛が当たり前のようにあるといつしかそれが普通になり、異常を知らせるサインということに気づかずに状況をかなり悪化させてしまうということがあります。 年々痛みが強くなってきたり、症状が酷くなってきているようであれば病気を疑ったほうがいいです。

『痛み』がサインになる子宮や卵巣の病気としては子宮内膜症があります。

子宮内膜症は20~30代女性に多い病気で激しい生理痛だけでなく、将来卵巣がんや不妊を招く原因になってしまう怖い病気です。 にもかかわらず、その重大性や認知度が低いゆえ見逃されている婦人科の疾患の1つといえます。

子宮内膜症は子宮内膜が卵巣や腹膜など子宮の周辺部位に逆流して生着し、子宮以外で月経が起こるという病気ですが、 なぜ起こるかはよくわかっておらず、エストロゲン依存性が考えられますがはっきりしたことはわかっていません。

遺伝性のものだという話もあってそのため姉妹や母親がこの病気になったことがあるというのであれば、自分にもその可能性があると考えておいた方がいいでしょう。

血液が卵巣に溜まってドロドロになったチョコレート嚢腫が大きくなりすぎていると手術することになりますが、薬とホルモン療法で 女性ホルモンを抑えていくことでも治療は可能です。出来るだけ早い時期に発見するに越したことはないです。

一度、子宮内膜症と診断されると再発防止のために低用量ピルを飲まなくてはいけなくなります。 女性ホルモンが子宮内膜症にとっては影響になってしまうので再発防止には女性ホルモンを抑える必要があるからです。

遺伝的に子宮内膜症の心配がある人にとっては低用量ピルを飲むことは予防になります。

『出血』や『おりもの』がサインの子宮や卵巣の病気トラブルについて

生理以外で出血が見られる場合は、不正出血と言って子宮や卵巣の異常を疑わなければなりません。

排卵した前後に出血したり、性交後に傷付いた膣から血が流れる場合あります。また受精し、子宮に着床した際にも稀に少量の血が出ますが、 これらの場合は心配ありません。しかし、どれが原因で血が出たのか、素人判断は禁物です。

生理の時の出血量が多いときに真っ先に疑われるのが子宮筋腫です。特に月経のある女性の5人に1人が筋腫持ちといわれていますから 要注意です。貧血の症状もあり、血の塊りのおりものがあるようならほぼ筋腫だと思います。

子宮筋腫だった場合は、筋腫を取り除く必要があります。開腹手術をする必要はなく、膣のほうからアプローチして筋腫をねじり切ったり 腐らせてから取るといった施術をします。術後は再発防止のために低用量ピルで筋腫の栄養になる女性ホルモンを抑えます。

また、おりものからも異常のサインが見られる場合があります。

正常なおりものは白乳色で、さらさらだったりどろりとした感じです。それが、サラッとして水のようだったり、チーズのようだったり、 茶色っぽかったり、赤みがかっている、泡立ってクサい、血の塊に近いものだったら要注意です。

カンジタやクラミジアなどの性感染症のこともあれば、子宮筋腫、子宮頚がんや子宮体がんなどの深刻な病気の可能性もあります。 婦人科は恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが発見が遅くなるとそれだけ子宮や卵巣が脅かされてしまいます。

おりものの形や色をみて、おかしいな?と思ったら早めに受診しましょう。