生理痛が不妊や難産の原因になる?



生理のお悩み解決ガイド~初潮から生理痛の悩みまで完全サポート!



生理のお悩み解決ガイド » 生理痛が不妊や難産の原因になる?

Q.生理痛がひどい人というのは不妊であったり、難産につながると聞いたんですが、これって本当ですか?

生理痛が重い人は不妊や難産で苦労するって本当?

生理痛が重いだけでも辛いのに将来子供が作りにくくなると聞くとなおさら不安になりますよね。

鎮痛剤を必要としたり、寝込んだりと日常生活に支障をきたすレベルの生理痛は医学的にも月経困難症という病名があるぐらいなので病気です。 正常ならば生理痛はそこまで痛くならないものだからです。

そのため日常生活に生活をきたすような生理痛がある場合は他の病気が潜んでいる可能性があることも考えないといけません。 生理痛が重いときに隠れている病気として一番多いのが子宮内膜症です。そしてこの子宮内膜症は不妊につながる病気です。

子宮内膜症になると必ず不妊になるわけではありませんが、卵巣や卵管に内膜症ができて癒着してしまったり、病巣から分泌されるサイトカインによって 受精が邪魔されることがあるので不妊につながるケースがあるんですね。

激しい生理痛というのが子宮内膜症の1つサインなんですが、痛みがあっても我慢したり、鎮痛剤で痛みを散らしてしまって婦人科を受診しない人が多いので 子宮内膜症を見逃してしまって、悪化させてしまう20~30代の女性は少なくないそうです。

生理痛が重いと自覚がある人は一度婦人科や産婦人科に行ったほうがいいと思いますよ。

それから生理痛が重い人は難産になるとか逆に出産が軽くてすむというような話が出回っていますが、これはまったくもって根拠があやふやな話です。 生理痛が軽くても重くても出産が大変な人もいれば楽な人もいます。あんまり関係ないと思ってもらっていいと思いますよ。

生理痛を抱えることのデメリットや悪影響について

生理痛がひどいがために精神的に余裕がなくなることは思わぬ事態をもたらす可能性があります。 仕事での失敗を始め、注意力が散漫するために人混みを歩くのも気をつけなければなりません。

生理痛を感じる時には冷や汗が出るようなじんわりとした痛みの波が何度も押し寄せます。 立っているのが辛いほどの痛みでも他人には伝えづらいのが現状です。

具合が悪いことを少々アピールしても電車で席を譲ってくれるのも珍しいケースでしょう。

痛みがエスカレートして呼吸がしづらくなったりめまいや吐き気につながったことで、救急車で搬送される人の話も聞きますから 生理痛が重い人というのは想像を絶する苦痛を抱えていると思っていいかもしれませんね。

こんな状態なので、生理期間はできれば横になって体を温め、症状が軽くなるまで安静にしたいものですが、仕事をしている場合は そんなに都合よく休めないという人がほとんどだと思います。

生理痛を経験したことがない男性はもちろん同じ女性でも痛みには個人差があるので理解してもらえないこともありますし、 「痛み止めもあるんだし、生理痛は甘え」といわれると辛いと思います。

※生理痛の痛みどめは効く時期と種類が年々変わって行くという声も多いです。

生理自体は女性にとって避けられない身体のメカニズムなので仕方がありませんが、日常生活を困難にしてしまうほどの生理痛についてはデメリットしか見当たりません。