生理にともなう肌トラブルと体調変化



生理のお悩み解決ガイド~初潮から生理痛の悩みまで完全サポート!



生理のお悩み解決ガイド » 生理にともなう肌トラブルと体調変化

生理がはじまることで、それまでなかった肌トラブルや体調の変化にとまどうことも。生理のリズムにあわせて 体調管理やスキンケアすることが必要になってきます。

生理周期によって変化する肌の状態と肌トラブルへの対処法

生理がはじまるようになると女性の肌の状態は生理周期によって大きく変化する黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)に 影響されるようになるので調子がいいときと悪いときといったように好不調の波が訪れるようになります。

生理前の肌の調子が崩れるときというのは黄体ホルモン(プロゲステロン)が優位になっています。このホルモンは皮脂分泌を増やすため生理前はニキビや肌荒れが起こりやすくなりますし、 紫外線の感受性も高めるのでシミにも気をつけないといけなくなります。

普段の状態よりも肌が敏感になることが多く、普段使っている基礎化粧品を刺激に感じるということもでてきるのでこの時期は敏感肌用の基礎化粧品を使ったり、 保湿クリームだけのシンプルケアで乗り切るというようにするのがポイントです。

肌に刺激があるのに普段通りのスキンケアを続けると肌に刺激になって炎症を起こしてしまい、シミの原因になるので注意してください。普段からしっかりスキンケアが できて肌の土台が整っていると黄体ホルモンが優位になる生理前の時期だからといってそれほど肌の調子が崩れることはありません。

逆に生理後の卵胞ホルモン(エストロゲン)が優位になる時期になると肌がみずみずしくなり、コラーゲンの量も増えるので肌にハリがでてキレイになります。 エストロゲンの分泌が高まる生理後の肌はとても安定しているので新しい化粧品を試すならこの時期がベストです。

このように生理周期によって肌の状態というのはコロコロ変わるのでその時の肌の状態にあわせてスキンケアも変えていくということができれば合格です。 肌の調子がいい時も悪い時も同じスキンケア化粧品を使っていたり、同じようにお手入れしているようでは、むしろ肌に悪影響ですから気をつけましょう。

※生理前に白いニキビができる人は要チェック>>白ニキビ(コメド)の治し方教えて!

生理周期によって変動する体調や身体にあらわれる症状

生理周期によるホルモンバランスの変化は体調や気分といった精神的なものにも影響します。

まず生理前の黄体ホルモン(プロゲステロン)が優位になっているときは気分的にイライラしたり、気分が落ち込んでしまったり、 と感情の起伏が激しくなります。いわゆるPMS(月経前症候群)です。

肌以外に現れる身体の変化としてはむくみ、頭痛、肩こり、下腹部の痛み、便秘、疲労感などがあります。この時期に関しては 出来るだけ無理のない生活をするようにし、大人しくしているのが一番です。

生理が終わってから卵胞ホルモン(エストロゲン)が優位になる時期になると体調も気分もいい日が続きます。 この時には活発に行動するようにしましょう。

生理周期によって体や心が変化することを知っておいたほうがいいのは女性本人はもちろんですが、恋人や家族のほう大切だったりします。 PMS(月経前症候群)についての理解がないと変な誤解が生まれてしまって関係がもつれたり、最悪壊れてしまうこともあるからです。

だいたい、余計な問題を引き起こすことのほうが多いですよね。

そのため生理前のPMSの症状とどう付き合っていくか?というのは女性にとっては結構大事になってきます。実際問題としてPMSをコントロールできるのか? ということですが、残念ながらできません。

ストレスや運動不足や睡眠不足といった不規則な生活、タバコ、アルコールといったものの影響を受けてPMSの症状が悪化しやすいということがわかっているので そうした要因を避けるというのがPMSの乗り切り方の1つではあります。

それから恋人や家族との関係がこじれないようにするには事前に弁解しておくのがおすすめです。PMSの症状が強い人は特にそうすべきで説明して理解・納得してもらえれば協力を得ることも難しいことではありません。