生理周期と女性ホルモンの関係



生理のお悩み解決ガイド~初潮から生理痛の悩みまで完全サポート!



生理のお悩み解決ガイド » 生理周期と女性ホルモンの関係

生理周期と連動しているのが女性ホルモンの働き。2つの女性ホルモンの働きや特徴についてしっかり確認しておきましょう。

生理周期と女性ホルモン分泌量の変化について

女性の生理周期というのは、女性ホルモンが大きく関係しています。 生理に関係している女性ホルモンとは、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類です。

エストロゲンは生理後に分泌量が増えるホルモンで生理周期をキープして卵胞を育てたり子宮内膜を厚くしたり、妊娠の準備をする働きがあります。 また、美肌ホルモンというように肌をキレイにします。

プロゲステロンは生理前に分泌されるホルモンで水分を蓄えたり、食欲を増進するなどして栄養素と脂肪を溜め込む性質があり、肌の不調をまねくホルモンでもあります。

排卵に向けて妊娠しやすい身体作りを行うのがエストロゲンで、排卵後の受精したときのために妊娠を継続させるような身体づくりに作用するのがプロゲステロンの働きだということです。

生理不順というのはこの2つのホルモンバランスの分泌量が乱れてしまうことで特にエストロゲンの分泌量が無理なダイエットや過度なストレスによって 低下してしまうと起こってしまうものです。

エストロゲンも、プロゲステロンもその分泌量をコントロールするのは脳内の視床下部という部分です。 この視床下部はストレスを受けると乱れてしまう自律神経も司っているのでストレスが多い生活を送っていると、自律神経が乱れるのと一緒に女性ホルモンの分泌も乱れてしまうんですね。

それにより生理不順に繋がっていく事になります。生理不順だと感じたら、まずは日常のストレスなどを見直してみる事が大切です。

基礎体温を毎日つけることの大切さ

基礎体温を毎日測ることのメリットは、子宮や卵巣の状態、ホルモンバランスや排卵の時期などを知る手掛かりになるので 体調管理に役立ちますし、婦人科の疾患の発見にもつながることです。

基礎体温は女性ホルモンと連動していて卵胞ホルモンが優位のときは低温期、黄体ホルモンが優位になると高温期と二段階に分かれており、それにより排卵しているかどうかがわかります。

毎月順調に生理が来ていても、排卵をしていない無排卵月経というのもあり、そうした異常も基礎体温を測っていると早期発見につながります。

また基礎体温を記録したグラフを見ていくと、次にいつ生理が来るのかを予測できますので、何か予定を立てる時に生理がいつ来るのかわかるというのは非常に便利です。

それから子どもが欲しい人にとっては基礎体温をつけるというのは必須です。

低温期から高温期に移行するまさにそのときに排卵が起きるわけですが、このまさに今日、明日、排卵日だというのが基礎体温をつけているとわかるわけです。

28日周期で生理が来ている場合、だいたい生理が始まった日から14日後くらいに排卵がありますが、ちょっとしたストレスなどで排卵はズレてしまいます。 そうしたズレも毎日体温を測っているとズレていることがわかるので、やっぱり子どもが欲しいときには基礎体温を測るというのは不可欠なんですね。

基礎体温のつけ方を簡単に紹介しておくと

要チェック 毎朝、同じ時刻に横になった状態のまま行います。
要チェック 小数点第2位までつけられる婦人体温計を使います。
要チェック 舌の下に加えて体温を測ります。
要チェック 専用のグラフに記録していきます。

通常状態であれば低温期と高温期にわかれますが、妊娠した場合は高温期が続きますし、二相に分かれていない場合は無排卵月経などの可能性があります。 また、※高温期が10日未満という場合や低温期と高温期の差が0.3℃未満の場合は黄体機能不全の可能性があります。

黄体機能不全は不妊・不育の原因になるものなので、該当するようなら病院で相談を。

(※低温期は14日±2~3日が理想、高温期は11~16日が理想です。)